ドカ雪の謹賀新年・・・実家への帰省中

画像
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 さて、この年の瀬、帰省途中は大雪で列車での帰省を余儀なくされたのですが、実家周辺は全く雪が無い状態。例年なら1度は降り、解けて再度凍ったアイスバーンが常なのですが、それも無し。

 ところが、大晦日の午後からしんしんと降り積もり、今朝は30cmほどに。新年初日から周辺の雪かきとなりました。本当に何年ぶりかの雪かき。張り切って取りかかったものの、ほどなくして汗だくになり、そして腰に・・・。全く情けない状態です(^_^;)。

 早朝は雲が厚くたれ込めていたため初日の出は拝めませんでしたが、雪かきを進めるうちに次第に青空が広がってきて、作業終了後、近所の神社へ元朝参りしました。高台にある神社の境内からは見渡す限り白銀の世界。広がりつつある青空と、東の海岸から奥に残るどんよりとした雪雲などが織りなすコントラストにしばし見とれてしまいました。

 写真はそのときの木々の木漏れ日です。これまたすがすがしい気持ちにさせてくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

wind
2005年01月01日 16:34
 「ぶらり各駅停車の・・・」へのコメントありがとうございました。
 太平洋側の元日のドカ雪は、そうあることではないですよね。除雪ご苦労様です。
 本年もよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック